2023年 TSMCメディア情報

TSMC速報

TSMCとは?

TSMCの半導体工場日本に 何がすごいの?|サクサク経済Q&A|NHK
【NHK】半導体の受託生産で世界最大手の台湾のTSMCが日本に新しい工場を建設する方針を明らかに。その背景を詳しく解説します。

台湾の半導体メーカー、TSMCが、日本に新しい工場を建設することを明らかにしました。TSMCは受託生産で世界最大手であり、多くのメーカーからの依頼を受けて製造しています。

その技術力は世界トップクラスであり、日本政府も大規模な資金支援をする方向です。TSMCが建設する半導体は、回路線幅が22ナノメートルから28ナノメートルで、汎用性の高い製品で、自動車、産業用機械、スマホのカメラなどに使われます。

この半導体がどんなにすごいかというと・・・、

世界TOPの技術です、私には見当つかないですね。

建設予定地の熊本県菊陽町『ソニーグループの工場』に隣接する場所に、ソニー・デンソーと共同出資して建設中。

JASM1期生が入社

日本の熊本県菊陽町にある半導体受託生産のTSMCの子会社であるJASMは、初めての入社式を開催し、125人の新入社員が参加しました。

JASMは、地元からの採用に力を入れており、新工場では計1700人が働く予定で、2024年に本格的な生産を開始する予定です。

新入社員は日本でのオリエンテーションを経て、台湾のTSMC工場で半年間の研修を受ける予定です。JASMの社長は、「熊本への進出が日本での半導体関連企業やエコシステム全体が成長する契機になる」と述べました。

TSMC熊本工場「1期生」に125人、地元大学からも - 日本経済新聞
半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の子会社で、熊本県菊陽町に建設中の新工場の運営にあたるJASM(熊本市)は3日午前、初めての入社式を熊本市内で開いた。今春に大学や大学院などを卒業した新入社員125人が出席し、JASM「1期生」として入社式に臨んだ。JASMの入社式は非公開で行われ、詳細な内容など...

インターナショナルスクール

TSMCの従業員の子どもの受け入れに向けに、インターナショナルスクールを熊本市東区戸島西に建設しているとのこと、

2023年完成予定で9月には開校予定とし、木造一部鉄骨の校舎2棟と体育館、運動場を整備する。東区西原で現在運営している小学部が移転し、

2023年度以降に設置する中等部と高等部が入る。

エラー

新たに2つ目の新工場

TSMCの最高経営責任者は、12日の決算発表の記者会見で、日本で二つ目となる半導体工場の建設を検討していると発表。

お探しのページが見つかりませんでした| 東京新聞 TOKYO Web
東京新聞の総合ニュースサイト。首都圏・関東地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。
TSMC検討の国内2カ所目工場、西村経産相「支援考えたい」 - 日本経済新聞
西村康稔経済産業相は13日の閣議後の記者会見で、台湾積体電路製造(TSMC)が日本国内で検討する2カ所目の半導体工場について「大いに歓迎をしたい。どういった支援が可能か考えていきたい」と話した。補助金などを活用し、半導体の供給網の強化につなげる考えだ。西村氏は「半導体については現在国内企業による投資案件も増えているうえ...
TSMC進出 台湾企業幹部が語る “根回し”より“スピード” | NHK | ビジネス特集
【NHK】台湾の半導体メーカー「TSMC」のサプライチェーンを担う企業の経営トップへのインタビューから見えてきたこととは

管理人情報
管理人情報

人生の半分に到達しました。残り半分折り返して、新しい人生を楽しみます。

TSMC速報
スポンサーリンク
物見チャンネル